Posted on February 15, 2012 from Twitterrific

 米調査会社Harris Interactiveが2月13日(現地時間)に発表した13回目の年次Reputation Quotient(RQ:評判指数)調査で、米Appleが同調査史上最高得点で2011年の米国で最も評判の良い企業に選ばれた。\n\n 昨年トップだった米Googleは、Appleと2.8点差で2位だった。昨年は2位がApple、3位が米Amazon.comだった。\n\n\n2012年度のRQ総合ランキング(資料:Harris Interactive)\n この調査では、まずオンラインと電話による調査で特に認知度の高い60社をピックアップし、その後この60社について、製品や社会的責任、労働環境、業績など6項目を評価するオンライン調査を行う。今回は2011年12月2~19日に1万7000人以上がオンラインでの評価に参加した。\n\n Appleは6つの評価項目すべてで5位以内に入っており、4つの項目(製品・サービス/ビジョン・リーダーシップ/業績/労働環境)でトップだった。\n\n\n評価指標別ランキング(資料:Harris Interactive)\n IT系企業としては、4位にAmazonが、9位に米Microsoftが、11位にソニーが、13位に韓国のSamsung Electronicsが入っている。日本企業としてはソニー、ホンダ(12位)、トヨタ(31位)の3社がランクインした。\nhttp://goo.gl/8rHkS\n\n\n

Twitter username:

@

 米調査会社Harris Interactiveが2月13日(現地時間)に発表した13回目の年次Reputation Quotient(RQ:評判指数)調査で、米Appleが同調査史上最高得点で2011年の米国で最も評判の良い企業に選ばれた。  昨年トップだった米Googleは、Appleと2.8点差で2位だった。昨年は2位がApple、3位が米Amazon.comだった。 2012年度のRQ総合ランキング(資料:Harris Interactive)  この調査では、まずオンラインと電話による調査で特に認知度の高い60社をピックアップし、その後この60社について、製品や社会的責任、労働環境、業績など6項目を評価するオンライン調査を行う。今回は2011年12月2~19日に1万7000人以上がオンラインでの評価に参加した。  Appleは6つの評価項目すべてで5位以内に入っており、4つの項目(製品・サービス/ビジョン・リーダーシップ/業績/労働環境)でトップだった。 評価指標別ランキング(資料:Harris Interactive)  IT系企業としては、4位にAmazonが、9位に米Microsoftが、11位にソニーが、13位に韓国のSamsung Electronicsが入っている。日本企業としてはソニー、ホンダ(12位)、トヨタ(31位)の3社がランクインした。 http://goo.gl/8rHkS